公益財団法人 長岡禅塾 公式ホームページ

卒塾生からのメッセージー5(中村俊一)

  • HOME »
  • 卒塾生からのメッセージー5(中村俊一)

「本当の自分に出会いたければ、長岡禅塾で修行しながら、学生生活を送ればいい!」  中村俊一

 

大学時代に軽音楽部に所属し、ダンスパーティで楽しく暮らしていた私は、あるときを境に無性に虚しくなった。

そんなときに、恩師に教えられたのが長岡禅塾だった。

逃げ出さない覚悟があるならと紹介された。

 

初めて足を踏み入れたときに、その凛とした美しさに息を飲んだ。

何かがここにはある。

そう直感した私は、興奮を覚えた。

 

しかし、臨済禅の規矩(規則)に則った正しい生活には、慣れるまでは苦労した。

はっきり言って、その規矩にいちいち意味を求めれば、苦痛になり逃げだすだろう。

日々の坐禅、掃除、作務など、その意義すら分からず、必死になってこなすのみだった。

 

実は、それでいいのだ。

理屈でがんじがらめになった心を、もともとある処へ戻しているだけなのだ。

長岡禅塾では、日本の伝統的精神の美しさが事上の練磨を通して体感される。

老大師の厳しい中にも温かさのある薫陶により、一枚一枚「我」の皮が剥がされてゆく。

老大師の室内に入り、参禅する心の高揚は何ものにも代えがたい経験だ。

 

功利や損得のためには、禅の修行など何の役にも立たないことが分かってくる。

しかし、人間の基本が薫陶され腹が据われば、何でもできるようになってくる。

成るようになるし、心配や不安があってもそこに囚われなくなる。

 

本当の自分はどこにあるのか、などと迷っていた自分が愛おしい。

問いがあるから、答えがあったのだ。

一所懸命迷ったから、くよくよしなくなったのだ。

そこまでには二、三十年かかるが、最初の一歩は長岡禅塾で老大師と寝起きを共にして、老大師の波動を毛穴から素直に受け入れることだ。

そうすれば、有難きことこの上ないと感動できるだろう。

 

本物を求める人には、ぜひ、お勧めする。

世界中のどこを探しても、こんなに得難い機会を無償で提供してくれる処はない。

嘘ではない。

(大阪府立大学 昭和55年~昭和60年通参)

体験入塾をしてみませんか! TEL 075-951-1010 受付時間11:00-18:00
(作務中などは応答できませんので、
メールでのお問い合わせが確実です)

アクセスカウンター

PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 長岡禅塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.